福岡市中央区のネイルサロン「SEEZ(シーズ)」が運営する、福岡のネイルサロン、カルジェル、トラブルネイル、ネイルスクールの情報サイト

カルジェルお爪のトラブル監修ネイルサロン

ネイルサロンを福岡でお探しならSEEZ. >> カルジェルQ&A

 

カルジェル

 

カルジェルQ&A

 

カルジェルについてよくある質問にお答えします。

カルジェルはどうやってつけるのですか?

水飴状のジェルを自爪に塗って、UVライトを使って紫外線を当てることで硬化させて付けます。

UVライトにあたっても日焼けしないのですか?

日焼けはしません。UVライトの紫外線の量は、太陽光線や、日焼けサロンで使われているマシンとはその量が違うので、黒くなったりシミになったりすることはありません。

カルジェルをつけても、自爪は傷まないのですか?

カルジェルは他の付け爪と違い、あらゆる点で自爪にダメージが少ないのが大きな特徴です。
つけ爪で自爪が痛む事を気にしていらっしゃる方も、安心してお付けください。

短い爪でもカルジェルはつけられますか?

はい、つけられます。グラデーションなどをすることもできますし、ご希望によりお長さを足すこともできます。

仕事で爪が伸ばせない場合は不向きですか?

いいえ、カルジェルは短い爪の方にも最適です。カルジェルは他のつけ爪と違って、やすりで簡単に削ることができるので、お仕事に合わせてご自分で調節する事ができます。爪を伸ばすことができない方(医療従事者や飲食関係のお仕事の方)にもおすすめです。

 

このページのTOPへ

 

日にちがたって、爪の根元が目立ってきたらはずさなくてはいけないのですか?

カルジェルはお直しができます。伸びてきた自爪の部分にジェルを足して、つけたてのように直すことができます。毎回外してつけ直す必要がないため、時間的・経済的にもメリットが大きいシステムです。また、自爪へのダメージを考えても最新の技術といえるでしょう。

どのくらい長持ちするのですか?

デザインにもよりますが、1、2回のお直しをした後、約1〜2ヶ月で付け直す方が多いようです。
(2〜3週に一度のお直しが必要です。)

爪が傷んでいるけど付けられるのですか?

二枚爪や、自爪が薄くなっている方も、カルジェルをつけることができます。爪の傷みがひどい場合は、ジェルとの密着が悪く浮きやすい事があるので、チップでギブスのように補強するチップオーバーレイをおすすめします。ジェルコートより持ちがよく、自爪を守りながら伸ばすことができます。

マニキュアと何が違うのですか?

マニキュアは揮発して乾きますが、ジェルは紫外線で固めるので、乾くまで待つ必要がありません。これも大きなメリットの一つです。また、カルジェルはジェルネイルの中でも薄付きなタイプですが、爪の補強になり割れにくくなります。先端からマニキュアのようにはげることもありません。

どんなデザインがあるのですか?

カラーグラデーションやフレンチにラメをプラスするデザインが人気です。ラインストーンをのせたり、ペイントアートや3Dのお花をのせる事もできます。アートもとても長持ちします。

カルジェルで色をつけたい場合はどうするのですか?

カルジェルには、クリアジェルとカラージェルがあります。色の種類も豊富です。カラージェルもUVライトで固めるため、マニキュアの様に色が剥がれることはありません。

 

このページのTOPへ

 

最新情報はこちら